若冲没後220年 寺宝展/行事/イベントDBの詳細ページ/伊藤若冲ゆかりの寺/宝蔵寺


文字サイズの変更

 


 

若冲没後220年 寺宝展


画像をクリックして拡大

画像をクリックして拡大

 


 


 

若冲没後220年 寺宝展 [初公開 若演 大黒天図]


伊藤若冲(1716年−1800年)は、ここ宝蔵寺から歩いて五分ほどの錦小路市場の青物問屋「枡屋」の長男として生まれました。二十三歳から四十歳まで家業に専念しますが、それ以降は弟の宗巌(白歳)に家業を譲り、絵を描くことに専念します。


本展では、若冲四十代の作である「竹に雄鶏図」、五十代の拓版の技法を用いた「髑髏図」をはじめ、弟である白歳や若冲派の作品を展示します。特に若演筆「大黒天図」など3点は初めて公開します。


令和2年 2月7日(金)〜2月11日(火・祝)
参拝料 500円(中高生は300円)
拝観:午前10時〜午後4時まで
(受付は午後3時30分まで)



伊藤若冲生誕会

令和2年2/8(土)13時〜
(当日の寺宝展受付は12時30分まで)
法要後、小島奈々クラリネット奉納演奏




水谷川優子 チェロ演奏会

令和2年2/8(土)15時〜

事前予約制(100名限定)当日券はありません。


申込み方法:宝蔵寺ホームページ専用フォームにて受付
2020(令和2)年1月6日(月)午前10時より受付開始


※専用フォームは受付時間と同時にオープンします。今しばらくお待ちください。

 


 

前へ

次へ

 



 

 

前の画面に戻る


 

Tweet 


 

 

twitter area houzou_ji

 

 


 

 ※ただ今関連ツイートはございません。

 


※マッチパターン : 若冲没後[AND]寺宝展

 

facebook area

 


 

 

 
 

 

 

 



 

宝蔵寺カレンダー
2020年8月

      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
青色の日付にマウスを乗せると詳細をバルーン表示します。 赤色の日付はご朱印お休み日です。

 


≪宝蔵寺カレンダー詳細≫