宝蔵寺と伊藤若冲/伊藤若冲ゆかりの寺/宝蔵寺


文字サイズの変更

 




 

 

宝蔵寺と伊藤若冲/JAKUCHU AND HOUZOUJ

  

伊藤家と宝蔵寺の関わり

  

伊藤若冲は江戸時代中期、正徳六年(1716)二月八日、京都高倉錦小路南東の角にあった青物問屋(あおものといや)「枡屋」(ますや)・通称「枡源」(ますげん)主人・三代目伊藤源左衛門の長男として出征しました。元文三年(1738)若冲二十三歳の頃、父源左衛門が四十二歳で亡くなり、若冲は四代目源左衛門となります。三十代の頃より絵画を志し、宝暦五年(1755)次弟宗厳(そうごん)(白歳)に家督を譲り茂右衛門と改名し画事に専念。当時の京都画壇を代表する画家となりました。

  

代表作は「動植綵絵(どうしょくさいえ)三十幅 ※宮内庁三の丸尚蔵館蔵」や鹿苑寺大書院の障壁画群ですが、元本山誓願寺の什物であった「果蔬涅槃図」(かそねはんず)は大根を釈迦に見立て、釈迦の入滅に嘆き悲しむ菩薩や羅漢、様々な禽獣(きんじゅう)を野菜や果物で表しています。また、生家であった錦市場が営業停止になったとき、弟の白歳とともに、再開に力を尽くした人物でもあります。

  

宝蔵寺は若冲及び伊藤家の菩提寺で、若冲は寛永四年(1751)九月二十九日に父母の墓石、明和二年(1765)十一月十一日に末弟・宗寂の墓石を建立しています。

  

宝蔵寺所蔵の作品

  

髑髏図

髑髏図 詳細

  

「髑髏図」

  

〔記載文字〕

一霊皮袋 皮袋一霊

古人之語

八十六翁

 高遊外

  


  


  

竹に雄鶏図

竹に雄鶏図 詳細

  

「竹に雄鶏図」


  


  

若冲派について

  

伊藤若冲(1716~1800)の弟で、宝蔵寺にお墓がある伊藤宗厳は、白歳という号を持ち、「羅漢図」などの絵を描いていたことが知られています。

  

この白歳以外にも、若演をはじめとする弟子が十人以上確認されており、そのうち宝蔵寺には、白歳、若演、処冲、若啓、若拙、大光、環冲の作品を所蔵しています。

  

それぞれの画家の活躍時期などは今後さらに研究が必要ですが、若冲と若冲周辺の状況を考える上で重要な作品と言えるでしょう。

  

伊藤白歳(宗厳)(1719~1792)

  

若冲の三歳年下の弟で、37歳の時に兄若冲が隠居したのをきっかけに、枡屋源左衛門を襲名し、家業である青物問屋「枡屋」の主人となります。明和八年(1771)に枡屋がる錦市場が営業停止となったときには、兄若冲とともに営業再開のために力を尽くしました。

  

白歳筆「羅漢図」

  

白歳筆「羅漢図」

若演筆「双鶏図」

  

若演筆「双鶏図」

  


処冲筆「蟹図」

  

処冲筆「蟹図」

環冲筆「樹下雄鶏図」

  

環冲筆「樹下雄鶏図」

  


環冲筆「鶏図」

  

環冲筆「鶏図」

環冲筆「鷹図」

  

環冲筆「鷹図」


  


※いずれの作品も通常は一般公開いたしておりません。

  

「伊藤若冲親族のお墓」保存修理完成のお礼

  

平成28年は、若冲生誕三百年。この日のために、平成26年2月に「若冲応援団」を設立、「若冲親族のお墓」保存修理のために寺宝展を開催してまいりました。

  

この度皆様のご協力により無事、計画通り資金が集まり、平成28年2月7日「完成式」を挙行することができました。不躾ではございますがこの場を借りまして心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

  

「伊藤若冲親族のお墓」保存修理完成1

  

「伊藤若冲親族のお墓」保存修理完成2

  

皆様がお参りしやすいよう、保存修理完成後、お墓は墓地より本堂前に移転いたしました。

  

宝蔵寺「若冲応援団」ご参加のおすすめ

  

伊藤若冲の菩提寺である宝蔵寺には、若冲が建てたお墓が残っています。永年風雨にさらされたため、転懐の危険があったため平成26年(2014)に若冲及び若冲派顕彰とお墓の維持を目的に『若冲応援団』を結成しました。

  

平成28年(2016)、『若冲応援団』の活動により「伊藤若冲親族のお墓」の保存修理は完了いたしました。今後は、傷みの出てきた若冲筆「竹に雄鶏図」「髑髏図」の修復計画を、平成29年2月以降に予定しています。引き続き『若冲応援団』へのご協力をお願いいたします。

  

※若冲作品修復ご喜捨の受付はこちらの「ご喜捨募集要領」をご一読下さい。


  

● 一般会員  年会費 1,000円(※郵送の場合別途500円)

  

特典

  1. ご本人の「宝蔵寺寺宝特別公開」参拝料は無料
  2. 「宝蔵寺寺宝特別公開」「伊藤若冲生誕会」の案内送付
    (原則メール配信)

  

● 法人会員  年会費 3,000円(※郵送の場合別途500円)

  

特典

  1. 5名様の「宝蔵寺寺宝特別公開」参拝料は無料
  2. 「宝蔵寺寺宝特別公開」「伊藤若冲生誕会」の案内送付
    (原則メール配信)

  

【会員登録】

  1. 申込手続きが完了しますと、会員登録を行い、後日、会員証を送付致します。
  2. 会員登録の日は、事務局に会費入金の日とします。
  3. 会員の有効期限は、1月1日~12月31日の1年間と致します。
  4. 期間途中で退会された方でも、一旦納められた会費は払い戻し致しません。

  

詳しくは電話(075-221-2076/宝蔵寺「若冲応援団」係)もしくはこちらのメールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。


  

若冲作品修復へのご理解とご喜捨のお願い

  

宝蔵寺では伊藤若冲筆の「竹に雄鶏図」「髑髏図」を適切な管理のもと、大切に保管しております。しかし残念なことに三百年近く経過した作品には、やはり傷みが目立ち始めてきております。

  

この素晴らしい作品を永く後世にまで守り伝えていくには、修理可能な現段階での傷みの修復処置が不可欠となってまいりました。そこで宝蔵寺では、これらの作品の修理・修復を計画いたしております。

  

どうぞ皆さまのご厚情、並びにご理解とご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

  

「伊藤若冲親族のお墓」保存修理完成

  

 ↑傷みの目立ち始め伊藤若冲筆「竹に雄鶏図」

ご喜捨募集要領


  

一ロ千円単位にて一ロより承ります。

  


  

ご喜捨の方法

  

【クレジットカード】

各社クレジットカードにて、こちらのご喜捨受付フォーム よりご喜捨(ご寄付)いただけます。どうぞご利用下さい。

  

ご利用可能クレジットカード

ご喜捨受付フォーム 


  

 もしくは...

  

【銀行振り込み】

  

以下の金融機関よりお選び下さい。
〔振込先ロ座名義:宗教法人宝蔵寺〕


  

ゆうちよ銀行(払込取扱票をご利用ください。)

ロ座記号01020-2 ロ座番号6688


  

みずほ銀行

京都中央支店(店番473) 普通 ロ座番号2386950


  

お振込に際しましてはお手数をおかけいたしますが、振込用紙に「お名前」「ご住所」「電話番号」をご記入いただくか、FAX又はメールにてお振り込みの旨お知らせください。 またその際の振り込み手数料はご負担いただきますようお願い申し上げます。

  


  

 

 

Tweet 


前の画面に戻る


 

facebook area

 


 

 

 
 

 

 

 



 

宝蔵寺カレンダー
2016年12月

    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
青色の日付にマウスを乗せると詳細をバルーン表示します。 赤色の日付はご朱印お休み日(定休日)です。

 


≪宝蔵寺カレンダー詳細≫