平成28年 宝蔵寺 寺宝特別公開/行事/イベントDBの詳細ページ/伊藤若冲ゆかりの寺/宝蔵寺


文字サイズの変更

 


 

平成28年 宝蔵寺 寺宝特別公開


平成28年 宝蔵寺 寺宝特別公開の画像1


※この催し事は終了いたしました。


宝蔵寺・寺宝特別公開


宝蔵寺は江戸中期に活躍した絵師・伊藤若冲ゆかりの寺院で、若冲筆『竹に雄鶏図』・『髑髏図』、若冲の弟・白歳筆『羅漢図』や弟子の若演など若冲派の作品を含む15点を公開します。

期 間 : 平成28年 2月5日(金)~2月8日(月)
受 付 : 午前10時~午後4時
参拝料 : 500円(中高生 300円)

●「伊藤若冲親族の御墓」完成式 平成28年 2月7日(日)午後2時~
●「伊藤若冲生誕会」 平成28年 2月8日(月)午後3時~ (寺宝展受付は午後2時30分まで)


≪お問い合わせ・お申込み≫

電話 075-221-2076 もしくはこちらよりメールにて「宝蔵寺」まで直接お寄せください。
※駐車場はございません。お車でのご来場は固くお断り申し上げます。

 

平成28年 宝蔵寺 寺宝特別公開の画像2

 

 




伊藤若冲生誕300年

伊藤若冲の菩提寺である宝蔵寺には、若冲が建てたお墓が残っています。長年風雨にさらされたため、倒壊の危険があったため、平成26年(2014)に若冲及び若冲派顕彰とお墓の維持を目的に、『若冲応援団』を結成しました。

伊藤白歳(宗巌) 1719~1792

若冲の3歳年下の弟で、37歳のとき兄若冲が隠居したのきっかけに、桝屋源左衛門を襲名し、家業である青物問屋「桝屋」の主人となります。明和8年(1771)に桝屋がある錦小路市場が営業停止となったときには、兄若冲とともに営業再開のため力を尽くした。

 


 

前へ

次へ

 



 

 

前の画面に戻る


 

Tweet 


 

 

twitter area houzou_ji

 

 


 

 ※ただ今関連ツイートはございません。

 


※マッチパターン : 平成[AND]宝蔵寺[AND]寺宝特別公開

 

facebook area